投稿者「研修部会」のアーカイブ

[2月8日開催]第3回一般研修「IoT時代の知財マネジメント:繰返しオープン&ナロー戦略(知財コンサルティング)」

近年、IoT時代を迎え、世界各国・各地域ではIoTビジネスの創出に向け、様々な新しい取り組みがなされており、ビジネスモデルも変化してきています。私達弁理士(事務所弁理士及び企業弁理士)としましても、このようなビジネスの変 … 続きを読む

研修報告:第1回商標研修「マドプロ出願の活用と留意点について~マドプロ出願と個別出願の比較解説~」

 平成30年11月27日(金)に、弁理士会館2階AB会議室において、第1回商標研修を開催致しました。 本研修には、約26名の先生方にご参加頂きました。 講師には、特許業務法人浅村特許事務所 シニアパートナーの大塚一貴先生 … 続きを読む

平成28年度PA会新人研修(第1回)開催報告

森濱田松本法律事務所のパートナー弁護士で、独占禁止法を専門として活躍されている宇都宮秀樹先生をお招きし、「弁理士が知っておくべき独禁法の基礎」 副題「―競争法の枠組みから標準必須特許問題までー」と題して講演いただきました … 続きを読む

[1月18日開催]第1回新人研修「弁理士が知っておくべき独禁法の基礎」のご案内

今回は、知的財産法と関わり合いの深い独占禁止法についてのセミナーをご用意しました。ぜひこの機会をご活用ください。

平成27年度PA会新人研修(第2回)開催報告

平成27年6月17日(水)、弁理士会館において、毎年恒例となりました進歩性判断演習の研修を開催しました。

[7月17日開催]一般研修「進歩性をめぐる諸問題」のご案内

今回の一般研修セミナーでは、北海道大学大学院法学研究科教授の田村善之先生を講師にお招きし、「進歩性をめぐる諸問題」と題してご講演いただくことといたしました。

[7月13日開催]新人研修「商標法4条1項11号を中心とする事例検討会」~商標の類否判断~

今年も、「商標の類否判断」に関する演習形式の検討会をご用意しました。 商標実務で直面する課題としてまず挙げられるのが「商標の類否判断」です。本研修ではPA会の誇る商標スペシャリストでおられる押本泰彦先生、古関宏先生、神林 … 続きを読む

平成27年度PA会一般研修(第1回)開催報告

平成27年5月21日(木)に、西村あさひ法律事務所の弁護士・弁理士である杉村光嗣先生を講師にお招きして、第1回一般研修「平成26年特許法等改正の解説および今後の改正についての展望」を開催致しました。本研修には、48名の先 … 続きを読む

[6月24日開催]国際研修「中国特許-近時の審査傾向および中間処理対応の実務」のご案内

巨大な国内市場を抱え経済成長を続ける中国への特許出願は、日本企業にとって益々重要なものとなってきています。平成26年の中国への発明特許出願数は92.8万件となり、中国知財局では審査協力センターの増設や審査官の増員等、様々 … 続きを読む

[6月17日開催]新人研修「中間処理の実務(進歩性の判断・演習形式)」のご案内

特許出願の拒絶理由で最も頭を悩ませられるものといえば進歩性の拒絶理由であり、この問題に直面されている新人弁理士の先生方も多いのではないでしょうか。 そこで、進歩性の拒絶理由に適切に対応するためのノウハウを身に付けて頂くこ … 続きを読む