[7月13日開催]第1回新人研修「今年話題の著作権裁判例(金魚電話ボックス事件、音楽教室事件)」

PA会会員、日本弁理士会会員、令和2年度弁理士試験合格者各位

オンライン研修セミナー (新人研修第1回)

テーマ: 今年話題の著作権裁判例 ~金魚電話ボックス事件、音楽教室事件~

講師: 中野圭二先生 (中野特許事務所)
日時: 2021年7月13日(火曜日)
講演: 6:30pm-8:30pm

  ご登録はこちら(↓)から  参加費:無料

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_gzymLgq2T6qzwtFyUuadTA

拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

今年度のPA会研修も、昨年に引き続き、会員の皆様に安心してご参加いただけるように参加費無料オンライン研修でスタートいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

今回の新人研修セミナーでは、弁理士の中野圭二先生を講師にお招きし、「今年話題の著作権裁判例」(金魚電話ボックス事件、音楽教室事件)と題してご講演いただくことといたしました。

今回の講師の中野圭二先生は、平成16年度から6年間、著作権委員会で著作権制度に関する調査、研究などを行い、平成19年度には著作権・コンテンツ委員会委員長を務められ、実務でも著作権契約や著作権侵害に関する相談も行っています。

弁理士の業務範囲に著作権関連業務が追加されて20年が経ちますが、著作権と言えば弁理士という状況になっていないのが現状です。著作権は、著作物の創作によって権利が生じるため、登録制度に慣れた弁理士にとっては扱いにくい分野です。しかし、プログラムの発明や意匠など著作権がからむ対象は多くあることから、著作権についても理解を深めておくことは必要です。

本研修では、著作権の基礎として著作物性や支分権にも触れながら、著作権契約を締結する際に気を付けるべき点についても解説いただきます。

また、研修の後半では、ご経験豊富な弁理士の加藤朝道先生、亀山育也先生、篠田卓宏先生、宗像孝志先生、をパネリストにお迎えし、前半の主要論点について独自の視点で解説をいただきながら、パネルディスカッション形式で議論していただきます。

新人弁理士の皆さんをはじめ、中堅・ベテランの企業弁理士、事務所弁理士の方々にも今後の業務に役立つ研修となるものと思いますので、ぜひこの機会にご聴講ください。本研修は、弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員の紹介があればどなたでもご参加いただけます。この案内が届かない参加希望者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。

なお、本研修はzoomを使ったオンライン研修であり、継続研修の業務研修(選択科目)としての単位認定はありませんので、ご注意ください。

本研修に参加ご希望の方は、研修開始時刻までに次のウェブサイトから登録手続きをお願いいたします(弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員でない方は、「弁理士登録番号」の欄に紹介者の氏名をフルネームでお書きください)。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_gzymLgq2T6qzwtFyUuadTA

研修へのご参加は、登録後に送信される確認メール内の「Join Webinar」からお願い致します。

皆様のご参加をお待ちしております。

2021年6月吉日

令和3年度PA会研修部会 担当幹事 真能 清志

新人研修部門 部会長 生塩 智邦

企画担当 坂本 晃太郎


研修報告:第1回新人研修「改正意匠法:重要事項の再確認と登録事例から学ぶ」

令和3年2月2日(火曜)に、ウェビナー形式で、第1回新人研修を開催致しました。本研修には、78名の先生方にご参加頂きました。

本研修では、小西・中村特許事務所 中村知公先生を講師にお招きし、「改正意匠法 重要事項の再確認と登録事例から学ぶ」と題してご講演いただきました。

令和元年改正意匠法の中でも実務に関わることが多い拡充された保護対象や関連意匠について、様々な登録事例を交えて解説いただきました。また、画像について意匠で保護する場合のメリットと商標で保護する場合のメリットなども解説いただきました。改正意匠法が運用され始めて間もない中で、大変有意義な研修となりました。


研修報告:第3回一般研修「特許に関する2020年の裁判例の紹介」

令和3年1月19日(火)に、窪田法律事務所の弁護士・弁理士 今井優仁先生を講師にお招きし、「特許に関する2020年の裁判例の紹介」と題してウェビナー形式で研修を開催致しました。

2020年に判決が出された10件の裁判例について、争点や裁判所の判断などを豊富な図表や内外の関連する裁判例などを用いて解説いただきました。解説の内容は、進歩性判断、記載要件、補正、間接侵害、「試験又は研究」該当性、特102条1項・2項などに関するもので実務上たいへん参考になるものでした。

講義中には講師の先生から設問が出され、受講者がオンライン上で回答し、回答について先生がコメントを出されるというように、臨場感のある研修となりました。

本研修には、新人の方からベテランの方まで70名近い先生方にご参加頂きました。参加者からは、幅広く裁判例を紹介頂いた、解説が具体的で分かりやすかった、密度の濃い研修である等のご評価をいただき大変有意義な研修となりました。


Other Recent Posts


Posted on 2021.01.24

Posted on 2021.01.19

Posted on 2021.01.12

Posted on 2021.01.12

Posted on 2021.01.04

Posted on 2021.01.04

Posted on 2020.12.16