[11月22日開催]第1回一般研修「著作権の保護範囲(類似性)」

PA会会員、日本弁理士会会員、令和2年度弁理士試験合格者各位

オンライン研修セミナー (一般研修第1回)

テーマ: 著作権の保護範囲(類似性)

講師: 田村善之先生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

   日時: 2021年11月22日(月曜日)
講演: 6:30pm-8:30pm

  ご登録はこちら(↓)から  参加費:無料

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_q_wJKdSYQful_BiSforyUw

拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

今回の一般研修セミナーでは、東京大学大学院法学政治学研究科教授の田村善之先生を講師にお招きし、「著作権の保護範囲(類似性)」と題してご講演いただくことといたしました。

著作権の保護範囲については、江差追分事件最高裁判決により、両著作物の創作的表現が共通している場合に著作権が及ぶということは明らかにされましたが、さらに元の著作物の本質的特徴を直接感得しうるのかということまでもが要件となるのかということが争われています。下級審の裁判例では、その種の抽象論の対立はともかく、いかなる範囲まで保護を認めるべきかということについて大量に事例が集積しています。

本講演では、著作権の保護範囲に関する一般論を検討した後、具体の事案を題材に下級審の裁判例において蓄積されている保護範囲の相場観のようなものを明らかにします。

多くの方にとって今後の業務に役立つ研修となるものと思いますので、ぜひこの機会にご聴講ください。本研修は、弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員の紹介があればどなたでもご参加いただけます。この案内が届かない参加希望者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。

なお、本研修はzoomを使ったオンライン研修であり、継続研修としての単位認定はありませんので、ご注意ください。

本研修に参加ご希望の方は、研修開始時刻までに次のウェブサイトから登録手続きをお願いいたします(弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員でない方は、「弁理士登録番号」の欄に紹介者の氏名をフルネームでお書きください)。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_q_wJKdSYQful_BiSforyUw

研修へのご参加は、登録後に送信される確認メール内の「ウェビナーに参加」からお願い致します。

皆様のご参加をお待ちしております。

2021年10月吉日

令和3年度PA会研修部会 担当幹事 真能 清志

新人研修部門 部会長 田中 有希

企画担当 渡辺 和宏


[11月12日開催]第2回新人研修「弁理士が知っておくべき“ブランディング”の考え方」

PA会会員、日本弁理士会会員、令和2年度弁理士試験合格者各位

オンライン研修セミナー (新人研修第2回)

テーマ: 弁理士が知っておくべき“ブランディング”の考え方

講師: 中村知公先生(小西・中村特許事務所)

            櫻山貴文先生(株式会社サンコー 代表取締役)

日時: 2021年11月12日(金曜日)
講演: 6:30pm-8:30pm

  ご登録はこちら(↓)から  参加費:無料

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_eu_EZgipRK-fRHrqnwi9ww

拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

今回の新人研修セミナーでは、商標実務に精通し、商標に関する各種セミナーの講師経験が豊富な弁理士の中村知公先生と、ブランディング業務がご専門の櫻山貴文先生を講師にお招きし、ブランディングに関するお話をしていただきます。

日頃の弁理士業務で、依頼者、若しくは、所属企業の経営企画部門等から、“ブランディング”の相談を受けたことはありませんか?また、いざ“ブランディング”に取り組む場合、何から手を付ければよいのでしょうか。本セミナーでは、B to B事業における“ブランディング”を題材にその重要性を紹介し(第1部)、具体的な“ブランディング”の考え方とブランド戦略の基本を解説致します(第2部)。

新人弁理士の皆さんをはじめ、中堅・ベテランの先生方にとっても、実践的な知識を身に付けられる研修になるものと思いますので、ぜひこの機会にご聴講ください。本研修は、弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員の紹介があればどなたでもご参加いただけます。この案内が届かない参加希望者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。

なお、本研修はzoomを使ったオンライン研修であり、継続研修としての単位認定はありませんので、ご注意ください。

本研修に参加ご希望の方は、研修開始時刻までに次のウェブサイトから登録手続きをお願いいたします(弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員でない方は、「弁理士登録番号」の欄に紹介者の氏名をフルネームでお書きください)。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_eu_EZgipRK-fRHrqnwi9ww

研修へのご参加は、登録後に送信される確認メール内の「ウェビナーに参加」からお願い致します。

皆様のご参加をお待ちしております。

2021年10月吉日

令和3年度PA会研修部会 担当幹事 真能 清志

新人研修部門 部会長 生塩 智邦

企画担当 安永 喜勝 深津 拓寛


研修報告:第1回国際研修「知財英文レター作成時に気を付けたいこと」

令和3年8月26日(木)に、米国Osha Bergman Watanabe Burton法律事務所(東京オフィス)の弁理士 亀山育也先生を講師にお招きし、「知財英文レター作成時に気を付けたいこと」と題してウェビナー形式で研修を開催致しました。

この研修では、1時間30分程度の講義の後、30分程度のQ&Aの時間を設けました。講義では、英語のレターで注意するべき表現や、自動翻訳が上手く機能するような日本語(英訳しやすい日本語)など、先生のご経験から得た様々な知見をご教示いただきました。また、ご講義後には多くの先生方から質問があり、長めに設けたQ&Aの30分間もあっという間に過ぎ、講師の経験談はまだまだ尽きないという雰囲気の中、研修が終了しました。

本研修には、新人の方からベテランの方まで110名以上の方にご参加いただきました。研修後のアンケートでは、「実務に直結する内容で役に立ちました」、「他の英文レターに関する研修では伺うことができないような実践的な内容でした」などのご意見をいただき、参加者にとても有意義な研修であったと思います。また、第2弾を希望されるご意見もいただいております。


Other Recent Posts


Posted on 2021.09.10

Posted on 2021.08.02

Posted on 2021.06.22

Posted on 2021.02.12

Posted on 2021.02.05

Posted on 2021.01.24

Posted on 2021.01.19