幹事長就任のご挨拶

幹事長就任のご挨拶

中尾 直樹

平成30年PA会幹事長に就任致しました中尾直樹です。至らぬところもあると思いますが、精一杯役目を果たしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

PA会は、会員相互の親睦及び福利の増進を図ると共に日本弁理士会の円滑なる活動に寄与し弁理士業務の進歩拡充を図ることを目的とする団体であり(会則2条)、大正11年(1922年)発足以来96年という長い歴史と伝統に支えられてきました。一昨年には、会員数が1000名を超え、会派としては最大級の規模を誇っています。そのため、PA会は、単に親睦団体というだけでなく、日本弁理士会を支える会派としても非常に重要な役割を担っており、これまで、長年に亘り日本弁理士会の役員・委員を多数輩出し、日本弁理士会の会務に対して多くの貢献をし続けてきました。

昨年4月からはPA会所属の渡邉敬介が日本弁理士会会長を、本多敬子、渡邉伸一が日本弁理士会副会長を務めています。本年4月からは渡邉敬介が日本弁理士会会長の2年目となり、坂本智弘が日本弁理士会副会長に就任します。PA会としましては、引き続き渡邉体制を全力で支えることとなります。皆さまの協力が必要になることもあるかとは思いますが、弁理士の発展、ひいては日本の知財の発展のためにも、引き続きご支援・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。

また、PA会としては、親睦団体として、事務所や企業の枠を超えた弁理士同士の交流の場として機能することを目指すべく、本年も、以下の点に力を入れてまいります。

1.充実した研修

PA会は、充実した質の高い研修を実施する会派として知られています。研修後に講師の先生を交えての懇親会もあり、知り合いも多く作ることができます。PA会に入会する新人会員の中には、PA会主催の研修に参加し、その内容の濃い研修に魅せられて、PA会に参加する方々も多くおります。今年も、質の高い研修を打ち出し、多くの皆様方の研鑽の場としてご利用いただけるよう企画していく予定です。

2.各種イベントの実施

PA会は、会員の親睦を深めるためのイベントが多いことでも有名であり、若手会員とベテラン会員との交流の場として、特に重要です。昨年は、餅つき大会、旅行会、交流カフェ、スポーツ観戦会(野球)、バーベーキュー大会、ホースレース観戦ツアー、クリスマスパーティ、忘年会(新規入会者をご招待)など多くのイベントが開催されました。本年も、皆さまが楽しんで頂けるような企画を実施したいと考えております。

3.活発な同好会

PA会では、多くの同好会が活発に活動しています。ゴルフ同好会、麻雀同好会、テニス同好会、スキー同好会、ボウリング同好会、アウトドア同好会、囲碁同好会、野球同好会、フットサル同好会、音楽同好会、ランニング同好会などが活動中です。いずれの同好会も、当ホームページで活動報告を見ることができます。ご興味ありましたら、是非ご参加いただければと存じます。

最後に、PA会のさらなる発展に向けて、若手が参加したくなるような改革を少しずつでも進めたいと考えております。そのため、皆様方には、これまで以上に積極的な参加をお願いするとともに、ご指導、ご鞭撻を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。