研修報告:新人研修第4回「特許英語~特許明細書翻訳のテクニック(和英・英和)」

平成28年8月30日(火)に、第4回新人研修「特許英語~特許明細書翻訳のテクニック(和英・英和)」を開催致しました。本研修には、50名以上の先生方にご参加いただきました。

 講師には、翻訳者としてご活躍の弁理士・米国バベル翻訳大学院教授 奥田 百子先生をお招きしました。
 本研修では、まず、翻訳の質を向上させるための便利なツールや必要な情報を収集するためのサイト、ネットで単語を検索する際のコツなど、実際に先生が活用されている翻訳を行う上で役立つ情報をご紹介いただきました。
 次に、翻訳の際に特に困ることが多い単語を、英和から17個、和英から10個例示して、それぞれについての訳例や訳が複数ある場合の訳し分け方などを、実際の明細書を参照しながら具体的にご説明いただきました。
 さらに、翻訳で頻出の表現や、部分否定や全否定の表現などの間違いやすい表現を多数、例文とともにご解説いただきました。
 これらはいずれも、業務の中ですぐにでも活用できる情報ばかりで、参加された方々にとっても大変有意義な研修になったことと存じます。

 また、研修後に行われた懇親会には、講師の先生を含め18名の先生にご参加いただき、ざっくばらんな雰囲気で交流を深めることができました。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 研修報告:新人研修第4回「特許英語~特許明細書翻訳のテクニック(和英・英和)」
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントは停止中です。