[6月11日開催] PAバーベキュー大会のお知らせ

PA会会員の皆様
PA会幹事長 高橋 雅和
PA会組織2部会幹事 浜井 英礼
部会長 塩尻 一尋


拝啓春陽の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、PA会では、昨年盛況でしたBBQ大会を今年も行います!会員のみではなく、会員のご家族、ご友人も参加可能で、参加費はなんと2000円、お子様は無料です!

非常にお得な企画ですので、皆さまお気軽にご参加ください。もちろん、お一人でのご参加も大歓迎です!

1.日時:2017年6月11(日)11:30~14:30

※ 雨天の場合は、雨よけのテントを借りてバーベキューを行います(雨天決行)。

2.場所:都立潮風公園バーベキュー広場

ゆりかもめ線「台場」又は「船の科学館」から徒歩5分
りんかい線「東京テレポート」から徒歩10分
WEB: https://www.herofield.com/bbq/shiokaze/access.html

3.お食事:バーベキュー形式 お飲物:ビール、ソフトドリンク他

4.会費:

・大人(PA会会員及びそのご家族、ご友人)2,000円
・お子様(高校生以下)無料

※ クーポン券使用可能です。
なお、平成28年新規合格者の方で、PA会に入会された方は、無料です!
(当日の入会申し込みも可)
また、作業部会の部会長、部員と、そのご家族の皆様も、日頃の慰労を込めて無料にします!

5.お問合せ・申し込み:

お問合せ・申し込みは下記アドレス(組織2部会宛)にお願い致します。
pakai.org2@gmail.com
また、申し込みの際は、以下の申込事項をご記入し、5月19日(金)までにご返信をいただけますとありがたく存じます。
*お申し込みが非常に多数になった場合には、先着順となる場合がございます。

[申込事項]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
送信先:PA会組織2部会宛(E-mail:pakai.org2@gmail.com)
件名:バーベキュー大会(6月11日)参加申し込み
お名前(漢字):
お名前(ふりがな):
事務所又は会社名(任意):
弁理士登録番号(登録者のみ):
申込者以外の参加者氏名:
大人:
お子様:
ご要望:
なお、平成28年新規合格者の方で、PA会に入会された方は要望欄にご記入下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆様のご参加を心よりお待ちしています!!

以上

[6月6日開催] 第2回 国際研修 「米国特許実務の常識・非常識」

拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度、米国弁理士のピータース・ジェリー氏を講師にお迎えして標記テーマのセミナーを開催致します。

本セミナーでは、日本の出願人が米国で特許を権利化するにあたり必要な基本的知識(法律・規則)を含め、現地代理人を介した米国出願手続においてすべきこと・すべきでないこと(常識・非常識)を、わかりやすく解説して頂きます。

具体的には、出願および中間応答手続における注意点(特にPCT経由の出願について)、無用な拒絶理由(ミーンズプラスファンクションクレーム、記載不備等の形式的要件)の回避方法、早期権利化のための代理人への効率的な指示方法、進歩性拒絶への効果的な反論方法などを取り上げて頂きます。

本セミナーは、米国出願経験の少ない先生方にはもちろん、継続的に米国出願を担当されている先生方にも米国特許実務の知識を深めていただくために有意義な内容となっております。また、日本語での講演ですので、気軽に質疑応答していただくことができます。皆様のご参加をお待ちしております。

なお、本研修は、平成28年度合格者、平成27年度以前の合格者でいずれの会派にも属していない方、また他会派の方にも広くご参加いただけます。この案内が届かない合格者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。

また、この研修は、日本弁理士会の継続研修として申請中です。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が付与される予定です。中座、早退、15分以上の遅刻、の場合は単位が認められませんのでご注意ください。

本研修に参加ご希望の方は、5月30日(火)までに、次のウェブサイトからお申し込みください。

http://www.pa-kai.net/seminar_tokyo2.html

【記】

テーマ: 「米国特許実務の常識・非常識」
講 師: 米国弁理士 ピータース・ジェリー 先生(JTT株式会社 代表取締役)
日 時: 2017年6月6日(火) 受付6:00pmより 講演6:30pm~8:40pm
場 所: 弁理士会館3階AB会議室
会 費: ・平成28年度合格者でいずれの会派にも属していない方
 → 研修: 無料 懇親会: 2000円
・グリーンPA会員
 → 研修: 無料 懇親会: 2000円
・PA会会員
 → 研修: 2000円 懇親会: 3000円
・PA会会員以外の弁理士会会員
 → 研修: 3000円 懇親会: 4000円
・平成27年度以前の合格者で弁理士登録をされていない方
 → 研修: 3000円 懇親会: 4000円

その他:

食事は用意いたしませんので、各自でおとりください。また、研修終了後には懇親会を行います。こちらにもぜひ、ご参加下さい。

本研修に関してお問い合わせいただく場合及び研修の申込をキャンセルされる場合は、pakai2017seminar@gmail.comまでご連絡ください。懇親会の申込をキャンセルされる場合についても同様にご連絡いただきますようお願いします。

以上


[5月15日開催] 第1回 国際研修 「中国特許実務 -補正要件及び審査基準最新改訂の解説-」

拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、特許実務の補正要件は、各国によって判断基準がかなり異なり、特に近年の中国では当初明細書に文章で記載される内容ではない限り、中々認められないと言われるほど厳しいです。そのため、中国では補正要件違反は、各企業が本当に欲しい権利を諦めざるを得ない要因の一つとなっており、実務家にとっても、無視してはいけない存在となってきています。

一方、中国の国家知識産権局(SIPO)より発表されたデータによれば、2016年にSIPOが受理した特許出願件数は前年比で21.5%増加し、133万9000件に上っております。これは、我が国の特許出願件数(32万4,748件)の実に4倍以上の数となります。SIPO自身、出願内容の質では未だ課題があることを認めており、法改正や審査基準の改訂といった中国特許実務の変化は今後も目が離せない状況が続くと予想されます。

そこで今回の研修では、中国専利士の譚粟元先生を講師にお招きし、中国特許実務の補正要件について、特に日本の特許実務との違いに着目してご講演いただきます。また、本年4月1日から施行された最新の審査指南改訂のポイントについても、ご解説いただきます。譚先生は日中両国の特許事務所で実務経験を有しており、日本の特許事務所が抱える中国特許出願に対するリスクや課題についてわかりやすく解説していただけるものと思います。

本研修は、平成28年度合格者、平成27年度以前の合格者でいずれの会派にも属していない方、また他会派の方にも広くご参加いただけます。この案内が届かない合格者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。

なお、この研修は、日本弁理士会の継続研修として申請中です。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が付与される予定です。中座、早退、15分以上の遅刻、の場合は単位が認められませんのでご注意ください。

敬具

本研修に参加ご希望の方は、5月8日(月)までに、次のウェブサイトからお申し込みください。

http://www.pa-kai.net/seminar_tokyo1.html

【記】

テーマ: 「中国特許実務 -補正要件及び審査基準最新改訂の解説-」
講 師: 中国弁理士 譚 粟元 先生
日 時: 2017年5月15日(月) 受付6:00pmより 講演6:30pm~8:40pm
場 所: 弁理士会館2階AB会議室
会 費: ・平成28年度合格者でいずれの会派にも属していない方
 → 研修: 無料 懇親会: 2000円
・グリーンPA会員
 → 研修: 無料 懇親会: 2000円
・PA会会員
 → 研修: 2000円 懇親会: 3000円
・PA会会員以外の弁理士会会員
 → 研修: 3000円 懇親会: 4000円
・平成27年度以前の合格者で弁理士登録をされていない方
 → 研修: 3000円 懇親会: 4000円

その他:
食事は用意いたしませんので、各自でおとりください。また、研修終了後には懇親会を行います。こちらにもぜひ、ご参加下さい。
本研修に関してお問い合わせいただく場合及び研修の申込をキャンセルされる場合は、pakai2017seminar@gmail.comまでご連絡ください。懇親会の申込をキャンセルされる場合についても同様にご連絡いただきますようお願いします。

以上


Other Recent Posts


Posted on 2017.01.01

Posted on 2016.12.22

Posted on 2016.12.20

Posted on 2016.12.20

Posted on 2016.11.15

Posted on 2016.10.31

Posted on 2016.10.20