平成29年度日本弁理士会役員選挙 立候補者(PA会)のご紹介

平成29年度日本弁理士会役員選挙にPA会より以下の会員が立候補しましたので、よろしくご支援の程お願い申し上げます。

平成28年度PA会幹事長 堀籠 佳典
平成28年度PA会選挙対策委員長 坂本 智弘

 


会長候補者

会長候補者
渡辺 敬介
ご挨拶
経歴

副会長候補者

副会長候補者
本多 敬子
ご挨拶
経歴
副会長候補者
渡辺 伸一
ご挨拶
経歴

常議員候補者

常議員候補者
大塚 一貴
ご挨拶
経歴
常議員候補者
鶴谷 裕二
ご挨拶
経歴
常議員候補者
伊藤 隆治
ご挨拶
経歴
常議員候補者
粟野 晴夫
ご挨拶
経歴

選挙責任者/文書責任者 坂本 智弘


平成28年度 PA会口述模擬試験 開催のお知らせ (詳細版)

弁理士試験 受験生の皆様へ
2016年9月23日
PA会 幹事長   堀籠 佳典
同 中部部会幹事  井川 浩文
同 組織1部会幹事 鈴木 昇

平成28年度 PA会口述模擬試験 開催のお知らせ


拝啓 皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、PA会では、今年も口述模擬試験を以下の要領にて開催いたします。
皆様の多数のご参加をお待ち申し上げます。

【東京地区実施要領】

1.日時:第1回目:10月13日(木)定員約20名 18:20~20:40
第2回目:10月18日(火)定員約50名 18:30~20:30

2.場所:弁理士会館(東京都千代田区霞が関3-4-2)2階会議室(両日共)

3.費用:4,000円。ただし、PA会員の紹介による場合は3,000円。

4.PA会の口述模擬試験概要
口述の問答に終始するだけではなく、本試験に対する心得等をお伝えいたします。
(心得のレジュメをご提供します)。
なお、第1回目の模擬試験は、フリーブースを設けますので、3法域の口述練習をしていただいた後、さらに1法域(主に特許・実案)を練習していただくことが可能です。時間が許せば、昨年の合格者が相談等をお受けいたします。
今年、口述試験が初めての方は、第1回目の模擬試験をおすすめいたします。

第1回目の申し込みはこちらから
http://www.pa-kai.net/?page_id=2554&ymd=1476316800
第2回目の申し込みはこちらから
http://www.pa-kai.net/?page_id=2564&ymd=1476748800
 (申し込み期限は、各回共に、当日の13時迄です。)

5.注意事項
・申し込み画面の時間帯について、例えば「18:20-18:50」との表示は、18時20分に口述練習をスタートして18時50分に終了、という意味です。実際の開始時間は、当日の状況により多少前後する場合があります。また、開始時刻に遅刻をされた場合は、後ろの時間帯の方を先にお通しすることがあります。受付を遅くともスタート時刻の10分前に済ませられるよう、余裕をもって会場にお越しください。

・お申込みをいただきますと、受領メールが自動配信されますが、ホットメール等の無料メールを利用して申し込みをされた場合は、受領メールが皆様へ届かないことがあります。数日経っても受領メールを確認できない場合は、念のため、事務局(下記)へご連絡ください。

・同日の他の時間帯を追加予約しないで下さい(日が異なれば追加予約可能です)。誤ってそのような予約された場合は、事務局にご連絡ください。事務局がそのような予約を発見した場合も、ご連絡をいたします。

・模擬試験日直近のキャンセルは極力避けてください。定員オーバーにより申し込みをお断りした他の受験生の練習機会を奪うものだからです。ご配慮いただけるよう、切にお願い申し上げます。

・模擬試験の3日前までに、受講料(4,000円、ただし、PA会員の紹介がある場合は3,000円)を以下の口座にお振り込み下さい。上記期限を過ぎる(た)場合は、事務局にご相談ください。

   銀 行 :新生銀行 本店
   口座番号:普通 0345391
   口座名義:スズキノボル
   (振込み手数料は、皆様の方でご負担をお願いいたします。)

・模擬試験の前日13時以降にキャンセルされた場合は、原則として返金をいたしかねます事、ご了承ください。(遺憾ながら、設備損料や諸経費が既に発生しています)

・領収書が必要な方は、模擬試験の当日、受付の担当者に申し付けください。

・当日は、平服でお越しください。また、法令集(論述式試験で貸与されたもの、またはこれに準ずるもの)を持参下さい。

・その他、東京地区の実施に関するご連絡・お問い合わせは、以下へご連絡ください。
pakai.soshiki1@gmail.com(PA会 組織1部会 事務局担当者あて)

【東海地区実施要領】

1.日時:10月15日(土)13:00~16:00(事前予約制)

2.場所:日本弁理士会東海支部
(名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル8F)

3.費用:無 償

4.PA会の口述模擬試験概要
口述の問答に終始するだけではなく、本試験に対する心得等をお伝えいたします。
(心得のレジュメをご提供します)。
また、当日の受講生の参加状況によっては、複数回受講が可能です。(当日に案内します。)

申し込みはこちらから
http://www.pa-kai.net/?page_id=2567&ymd=1476489600
    (申し込み期限は、10月14日(金)17時迄です。)

5.注意事項
・申し込み画面の時間帯について、例えば「15:30-16:00」との表示は、15時30分にスタートして16時00分に終了、という意味です。時間に余裕をもって会場にお越しください。事前の予約時間に関らず、受付を済ませた方から順に口述の練習をしていただく事もございます。

・お申込みをいただきますと、受領メールを配信いたしますが、ホットメール等の無料メールを利用して申し込みをされた場合は、受領メールが皆様へ届かないことがあります。数日経っても受領メールが確認できない場合は、念のため、以下のメールアドレスへご連絡ください。
pakai.soshiki1@gmail.com(PA会 組織1部会)

 ただし、受領メール以外のお問い合わせ(当日の問合わせ・時間帯の変更・キャンセル等)は以下のメールアドレスへお願いいたします。
ikawa@sansui.or.jp(PA会 中部部会 運営担当者あて)

・模擬試験日直近のキャンセルは極力避けてください。

・当日は、平服でお越しください。また、法令集(論述式試験で貸与されたもの、またはこれに準ずるもの)を持参下さい。

以 上

>


研修報告:新人研修第4回「特許英語~特許明細書翻訳のテクニック(和英・英和)」

平成28年8月30日(火)に、第4回新人研修「特許英語~特許明細書翻訳のテクニック(和英・英和)」を開催致しました。本研修には、50名以上の先生方にご参加いただきました。

 講師には、翻訳者としてご活躍の弁理士・米国バベル翻訳大学院教授 奥田 百子先生をお招きしました。
 本研修では、まず、翻訳の質を向上させるための便利なツールや必要な情報を収集するためのサイト、ネットで単語を検索する際のコツなど、実際に先生が活用されている翻訳を行う上で役立つ情報をご紹介いただきました。
 次に、翻訳の際に特に困ることが多い単語を、英和から17個、和英から10個例示して、それぞれについての訳例や訳が複数ある場合の訳し分け方などを、実際の明細書を参照しながら具体的にご説明いただきました。
 さらに、翻訳で頻出の表現や、部分否定や全否定の表現などの間違いやすい表現を多数、例文とともにご解説いただきました。
 これらはいずれも、業務の中ですぐにでも活用できる情報ばかりで、参加された方々にとっても大変有意義な研修になったことと存じます。

 また、研修後に行われた懇親会には、講師の先生を含め18名の先生にご参加いただき、ざっくばらんな雰囲気で交流を深めることができました。


Other Recent Posts


Posted on 2016.09.06

Posted on 2016.09.03

Posted on 2016.09.01

Posted on 2016.08.25

Posted on 2016.08.25

Posted on 2016.07.26

Posted on 2016.07.25